食材の下ごしらえで、味も時短も節約もアップ

毎日の食事作りは時間との勝負のようなところがあります。
決められた時間内に食事の支度をしなければなりません。

一人暮らしならば、多少時間がかかっても良いですが、家族がいる場合はそういうわけにもいきません。
しかし、ちょっとした工夫で、短い時間でも美味しい食事を作ることができます。

食材の下ごしらえを事前にやっておく

休日などを利用して、さまざまな食材の下ごしらえをやっておくと便利です。
下ごしらえをしたものを、冷蔵や冷凍保存しておきます。

毎日の食事の準備は、あらかじめ下ごしらえをしたものを使います。
そのまま提供しても良いですが、時間がある時や、何か料理を作りたい時は、さらにアレンジして調理をしていきます。

時短や水道光熱費の節約にも繋がる

毎回の食事で1から作っていると、時には時間がなくて、かなり簡単なものになってしまいます。
その為、栄養のバランスも悪くなりますし、どうしても出来合いのものに頼らざるを得なくなってしまいます。

出来合いのものでも美味しいですが、コストが高くなりますし、味にも飽きてしまうかもしれません。
既に下ごしらえをしたものがあれば、時間がなくてもすぐに食べることができます。

下ごしらえの段階で味が付いていない場合は、いろいろな調味料で食事をしながら味を楽しむのも良いでしょう。

料理教室

同じ食材が続いても、味や調理方が変わるだけでも、美味しさは違いますし、飽きずに最後まで食べ切ることができます。

まとめ

食事は栄養のバランスを考えて、おかずを準備したいものです。
そのため、主菜と副菜のバランスを考え、栄養が偏りすぎないようにすることも大切です。

大手お料理教室のまとめと料金比較ーABCクッキングスタジオ,ホームメイド協会,ベターホーム他 – NAVER まとめ

野菜やたんぱく質のおかずの両方を準備し、同じものが続かないようにするのも飽きないコツです。
たんぱく質のおかずは、肉、魚、そして大豆食品を上手くローテーションさせると良いでしょう。